歯科になるために

小さい頃、歯が痛くなったときがあった。
そのときは、痛くて泣いて泣いてしていたのだが、近くにある歯科にいったときに、優しい先生が治してくれた。
痛かったはずの歯は、すっかり痛くなった。
小さいながらに先生のすごさを感じた。
歯磨きをしないと歯が痛くなると思っていたので、毎日、歯を頑張って磨いた。
しかし、定期的にいかなければいけない、歯科に嫌だなと思っていた。
そして、大学に進学するころに歯科衛生士になるための学校にいくことにした。
覚えないといけないことがたくさんあって心が折れそうになりそうなときもあった。
知り合いが歯科をしているので、たまにわからないことを聞きにいくと、教えてくれたりした。
歯がとれだけ大切かもこのときに改めて知った。
確かに歯がなければ、食べたいものもなかなか食べることができないし、噛むという行為は大切なことだ。
お年寄りになっても健康な歯でありたいと思った。
歯の矯正を始めた友達が、歯が痛くてなかなかごはんが食べられないといっていた。
そんなに痛いのかと思いながら、話をした。
歯のために矯正をしているのは、すごいと思った。